ヴィクトリア女王

ヴィクトリア女王様、という人は、旦那さんに死なれて、いくつかの可愛い恋をしています。
スコットランドで馬の世話係をしていたミスター・ブラウンに恋をしたりね。
これはドラマとか映画化もされています。
奥さんがいる人だったのですがね、、、本当の意味での不倫とか、そういうことではなかったらしい。
1800年代の話です。

しかも女王はとっても旦那さんを愛していて、なくなった後は死ぬまでも服を着ていました。
なので黒い服ばかりなんです。
あれは女王の明石ではないんですよーー。

ヴィクトリア女王は、インド人にも恋をします。こちらも奥様がいます。
インド人ですしね、、当時はまわりの反対とかやっかみもあったのですが、
女王はこのインド人をとってもかわいがります、逆効果で、どんどんインド人はいじめられてしまうのですが。
こんなふうに、女王は恋多き乙女、、それが語り継がれていますが、
別に悪い事をした、ということでもなく、ただ、、そうだった、ってだけです。
イギリスのロイヤルの歴史を知るとけっこうおもしろい!!

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、たくやが2020年12月 1日 01:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「優しい男とはこのことだ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。