映画の翻訳

英語圏の映画の字幕にはほとんど出て来る戸田奈津子さん。
彼女も映画の翻訳家になったのは、彼女が40を越してからなんですって。
それまでも翻訳はやっていたけど、映画に関わる翻訳は40越してから。
それまではいろいろやったみたいです。
といっても、翻訳とか通訳、ですけどね。

ずっと映画の翻訳をしたかった彼女は、ある時にコッポラ監督と会えることになって、
そこから映画の世界に入れたそうです。
長かったですねー。

きっかけはあの「地獄の黙示録」
(見た事ないけど、、汗)
有名な映画です。

あれをやってから、1年の一個だった翻訳の依頼が週に1本になっていったとか。すごいですー。

そんな戸田奈津子さん、料理はいっさい出来ないんですって。
いつも外食で、休みの日は本を読んで過ごすのだそうです。
ずっと忙しかった人ですからね、いいんじゃないですか、料理しなくても(笑)。
読書してすごす日が多くなれんばいいですよね。

映画の字幕ったら戸田奈津子さんですよねーー。
他には知らないっていってもいいくらいだ。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、たくやが2020年5月 1日 16:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ガイドブック」です。

次のブログ記事は「かんたん・・・ではない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。