2018年5月アーカイブ

ばかばかしい

イギリスでの事ですが、10代の子が、
癌で髪の毛を失った人たちのために髪の毛を寄付したのだそうです。

ここまでだといい話じゃないですかー。

でも、髪の毛を剃るまでしてて、これでも別におかしな話じゃないけど、
なんと学校が「その頭では学校に来てはいけません」って禁止しちゃったんですって。

ばかばかしい。

この問題には、私は言わせてもらいますよーーーー!!
私も髪の毛のことでは悩んできましたからね、事情は違うけど!

このニュースを知った人からは、
「バカバカしい。髪型ぐらいでここまで罰する? しかもこの子の場合は慈善団体への寄付のためでしょう」
「髪を剃ったことを校則違反だというならば、脱毛症で髪がごっそり抜けた子はどうするわけ?」
「子供たちにはむしろ慈善活動に参加することをすすめるべきで、こういう対応は間違っている」

「この校長や教師らは、がんで髪を失ってしまった患者の気持ちを考えたことがあるのか。
自分たちもこの少女のように髪を剃って寄付するという行為を見せてみろ」

「奇抜な色に染めるとか、派手な髪型するとかいうなら"校則違反"と言ってもいいかもしれないけど、
剃ることがなんで違反なんだ」

「男児なら丸坊主OKで女児はダメと言うのは明らかに差別」
「学校って刑務所のような対応するんだな」
「こんな校則のある学校って最低」

といった批判の声が多々あがっています。

私も、、、ばかばかしいと思いました!

このアーカイブについて

このページには、2018年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年4月です。

次のアーカイブは2018年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。